スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして2日目

基本的に朝はのんびりな私たち(笑)

ここだけの話、私が泊まったホテルは友人がツアーで宿泊している部屋に
もぐりこんでいた(笑)ので、私は朝食なし。
(あっ、でもツアーの添乗員さん公認でした:笑)

ということで10時頃だったかな~。
とりあえず簡単に何かを食べないといけないので、目的地近くのカフェで朝食。
私はエスプレッソを友人はカフェを飲みつつ食べたサンドイッチがこれ。
トマトベースの野菜(要するにカポナータですな:笑)がサンドされていて美味しかった♪
1本を2人で分けでちょうど良かったよ。
2日目の朝

そして、意気揚々と行った先は…

ルーブル美術館
ルーブル美術館
人がまったくいませんが、この写真は前日午後に撮った写真です。
私が行った日の朝は勇名なピラミッドをぐるりと回り、さらにずっとずっと、
100メートル以上の列が出来ていました。
でも、イタリア人の友人にメールを送ったり、後ろに並んでいたシチリアから来た
おじ様・おば様とおしゃべりしてたら、あっという間。

友人はチケットがあるので、私だけチケットを購入して館内へ。
とにかくすごい人なので今回は重要な絵画のみに絞ってウロウロ。
サモトラケのニケ」、「ミロのヴィーナス」、「ナポレオンの戴冠」「民衆を導く自由の女神
そしてもちろん「モナリザ」を(だけ?:笑)鑑賞してきました。

イタリア人に言わせれば「フランスが自分たちの作品を奪いやがった」(笑)と言っていますが、
並行に並ぶフランス絵画が飾られている通路とイタリア絵画が飾られている通路を繋ぐ
部屋に飾られているモナリザはフランス側からの配慮なのでしょうか(笑)
もしそうならば、文句ばかりのイタリア人より、フランス人のがだいぶ大人です(笑)
イタリアによくある宗教画には飽き飽きしていたので、フランス絵画が新鮮でよかった。

でもルーブル内部にいたのは、2時間程度(笑)
お昼に近い時間だったので、シャンゼリゼ通りへ地下鉄で移動。
シャンゼリゼ通りにそびえ立つヴィトンの裏手のまた裏手へと進み、
雰囲気の良さそうなお店でランチ。
オニオンスープとスモークサーモンとお野菜たっぷりの一皿と赤ワイン。
寒さにスープが優し~~~くて、とっても美味しゅうございました♪

午後はシャンゼリゼを散策して、ガイドブックに載っていた
日本人店員もいるりんご屋「POMZE」(笑)へ向かいつつショッピング。
りんごの生ジュースを飲みながら、日本人店員さんとおしゃべりして、
マカロンのお勧めのお店を紹介してもらって、買い物を済ませて一旦ホテルへ。

ちょっと休憩して、再びシャンゼリゼ通りへ向かい、
夕食にはルーム貝。これも美味しかった~。
でも実はランチからずっとエスカルゴを探していて、メニューを見てるのに
何故かありつけなかった私たち(笑)

食後は夕暮れの凱旋門を上ってきました♪
凱旋門!

全部階段なのでぜいぜい言いながら上った先には、
夜のシャンゼリゼ通り。
クリスマスはもっとキラキラしてるんでしょうね。

凱旋門からのシャンゼリゼ通り

その時すでに夜11時近かったのですが、シャンゼリゼ通りで念願のエスカルゴ発見!(笑)
というわけで赤ワインとエスカルゴを頼んでストーブで暖かなテラス席で晩酌。
シャンゼリゼ通りを爆走する暴走族(ちゃんと旗まであった:笑)を見たりして、
深夜1時前に地下鉄で帰宅(帰ホテル?)したのでありました。

翌最終日は友人は午前中に日本へ向け出発なので、飛行機時間までは1人。
日本食買出しなど、ドタバタとオペラ座界隈を走り回った私でありました。
詳細はまた明日。
スポンサーサイト

Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。