スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝日のバス事情

日本はすごい猛暑とか。
幸いここイタリアは日中に30℃を越えるか越えないか程度で、
朝晩は15℃前後と過ごしやすい毎日です。

日本の皆さん、暑さに負けずに頑張ってくださいね。

さて、今日は先日行ったコルトーナ・サン・フェスティバル。
その道中の出来事をご紹介致します。

カムチア駅

多くの日本人はもちろん、イタリア人もコルトーナの最寄り駅は
テロントラ-コルトーナ駅(Terontola-Cortona)だと思っている人が多いのですが、
本当の最寄り駅はテロントラ駅より1つフィレンツェよりのカムチア駅(camucia)です。
きっと駅名にコルトーナの名前が入っているので間違えやすいのかもしれません。
バスの便数も全く違うので、コルトーナへお越しの方は気をつけてくださいね。

さて、私が向かったのは8月15日。前にも書きましたが祝日です。
電車の便数も少なくなりますが、無事予定通りの電車でカムチア駅に到着した私。
ここからはバスでコルトーナを目指します。
しかし!バスがない…。
休日ダイヤを甘く見てはいけません。1日に5本程度のみ。
しかも私の到着した時間から2時間先までバスはありません。

ちょっと歩いた先のバス停に行っても、やはり2時間程度バスはありません。
駅前に広がるカムチアの街で人に聞きたくても、まるでゴーストタウン、誰もいません。
途中やっとの思いで見かけた親子にバスの話を聞いても答えは一緒。
でも「送ってあげようか?どこ行くの?」と言ってくれました。
結局行き先が違ったので、ダメでしたが(泣)

友人にも電話をしたのですが、呼び出し音が鳴るだけで、出てくれない。
もう最後の手段しか残っていません。です。
ちなみにコルトーナは標高600メートルの場所にあります。

途中で信号待ちしていたバイクのおじちゃんに道を聞いて、登ります。
おじちゃんも「歩くの!?」と驚いていました…だってねぇ。

コルトーナへ続く道


この写真は登っている途中に撮った写真で、左端の茶色い部分がコルトーナの街並み。
写真が道中心になっていないのは、工事中だった場所をよけたから。
見ての通りの青空!でも予期せぬ登山には堪える暑さでした。

しかし神は見放してはいませんでした。
駅前で電話をした友人から、電話があったのです!
出先と言うことで、最初はお迎えは難しいかも…と言われましたが、
友人の車を借りることが出来たという事で、お迎えに来てくれました~。

後でコルトーナで働く友達に聞いたのですが、コルトーナの町を走るタクシーは2台のみ(笑)
タクシーと呼ばすに、運転手の名前で呼ばれているみたいで、ちゃんと番号を控えてきました。

個人旅行でコルトーナのような小さな町へ行こうと考えている方は、
休日は控えた方がいいかも知れません。
イタリア語や英語が達者でないと…ちょっと途方にくれる事になるかも。
スポンサーサイト

Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。